未分類

エメリルヘアオイルの危険性を徹底解析!全成分の効果と副作用の危険度一覧!

この記事ではエメリルヘアオイルの危険性についてまとめています。

エメリルヘアオイルに使われている全成分の効果と、その副作用危険度を徹底解析!

この記事を読めば、エメリルヘアオイルの安全性の高さがよく分かるはずですよ!

成分名 効果 危険性
水添ポリイソブテン 他のオイルと併用して感触改良に使用します。毛髪をコーティングし、クシ通りを良くしツヤを付与します。
ジメチコン 揮発性が高く、髪のキューティクルを整えながら皮膜で保護するコンディショニング効果があります。
ドデカン 揮発性が高く、肌の上に残りにくい性質です。ベタつきがなくサラっとした感触やツヤを与える成分です。
ミリスチン酸イソプロピル 肌への浸透性が非常に高い成分です。毛髪表面にエモリエント様のツヤを付与します。
シクロペンタシロキサン 揮発性が高く、べたつきを防止し、肌の上での滑りをよくします。髪にツヤを与え軽い仕上がりです。
ジメチコノール 保湿性が高いので肌の乾燥を防いだり、髪のダメージ部分のパサツキを抑える成分です。
γ-ドコサラクトン 熱を加えると、剥がれてしまったキューティクル部分に入り込み髪と結合する毛髪補修成分です。
カリンエキス 肌あれ防止や肌を整えるといった肌改善目的で使用される成分で、抗菌作用などもあります。
ツバキ種子油 紫外線をカットするため日焼け止め効果や、エモリエント作用、抗菌作用などがあります。
ワサビノキ種子油(モリンガ) 薄い油膜となって乾燥を防ぎます。水分とオイルを乳化させるブースターの役目があります。
アルガニアスピノサ核油 皮膚のバリア機能を回復し水分保持効果があります。肌に刺激のない安全性の高い天然オイルです。
アーモンド油 キューティクルを作る成分が含まれているため潤いのある髪にします。乾燥肌や敏感肌に向いています。
マカデミア種子油 ベタつきがなく軽い質感です。全身に使え、安全性やエモリエント効果が高い成分です。
トコフェロール アンチエイジング効果や、脂質の抗酸化作用により肌あれの原因となる過酸化脂質の発生を防ぎます。
(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー 少量の添加でツヤを与えしっとりした感触にします。ダメージヘアによく浸透するので補修効果があります。
ベルガモット果実油 脂漏性皮膚炎に作用したり、血行促進や抗菌作用などがあります。また香りづけとしても使用されます。
セイヨウハッカ油 頭皮環境を整える効果や、冷感作用、 抗菌作用、香りづけとしても使用されます。
イランイラン花油 乾燥肌につけるとエモリエント作用や、皮脂の分泌のバランスを整える働きなどがあります。
レモン果皮油 頭皮環境の改善や髪の成長を促す効果があります。特に脂性の肌や頭皮の方に向いています。
セバシン酸ジエチル エモリエント作用や保湿効果があります。感触が軽く、浸透性が良いという性質があります。
細胞自体を活性化させる効果があります。水溶性物質を溶かし込むために最も汎用されています。
エタノール 香料や着色剤を溶かし込む溶剤としてや、防腐効果、収れん効果などがあります。

危険性:当サイトの基準で記載しています

エメリルヘアオイルの全成分の効果と、副作用の危険性を表にまとめてみました。

なんとエメリルヘアオイルには危険性の高い成分は一切使用されていなかったんです!

さらにエメリルヘアオイルは、国内工場で医薬品レベルでの水準で製造されているんです。

医療機関による安全性テストもクリアしているので、安心性も保証済みのヘアオイルだと言えるのです♬

敏感肌でヘアオイルを使いたくても合う商品が無くて悩んでいる方も、エメリルヘアオイルなら肌トラブル無く使用できるはずです。

エメリルヘアオイルの購入に悩んでいる方は、コチラの使用した私の口コミ体験談をゼヒ参考にしてみて下さい!

>>エメリルヘアオイルを使用した私の口コミを確認!